村上家の長女・次女・三女ですが、オランダのキッズモデル登録を行ってから、それぞれちょくちょくモデルのお仕事を頂いて、家計に貢献してくれております。

日本では競争率が高過ぎて埋もれてしまって話にならないでしょうが、オランダでアジア人の黒髪は少数派ということで競争率がぐんと下がって、我が家の娘達でも起用される機会を頂けているというラッキーな状況です。

キッズモデル事務所登録の際は、年に一回一人15ユーロを支払って宣伝材料写真(宣材写真)を撮ってもらい、モデル事務所のサイトに載せてもらうのですが、写真撮影にはオランダ中からキッズ達が入れ替わり立ち替わりやって来るみたいなので、いいビジネスだなあといつも感心しています。

一年目はビギナーズラックもあり、かなりの頻度でお声がかかり、長女は特にシーズンを通してShoebyというブランドのレギュラーモデルにも選ばれて、シーズン毎に撮影がありました。

二年目の宣材写真撮影の時、直前まで寝ていた当時まだ2歳だった四女は大泣きして撮影出来ず、五女が生まれたらまたその時に撮影においでとキッズモデル事務所のスタッフに言ってもらっていました。

赤ちゃんは3ヶ月から登録が可能だそうです。

三年目の宣材写真撮影の時に四女と五女を撮って貰えばいいやと考えていたのですが、先日連絡があり、なんとまだ宣材写真も撮影していない五女をメインに、長女と五女の2ショット案件の依頼が来たのです!頻繁に呼んでくれるwehkampというブランドです。

突然転がり込んだ五女のベビーモデルデビューでしたが、どうしても僕の仕事のスケジュール調整がつかず、泣く泣くお断りしたのですが、よっぽどアジアンベビーが必要だったのか、何とかして来て欲しいという先方の熱意と、せっかくのモデルデビューのチャンスをふいにしたくないという想いから、長距離運転を怖がる妻を説得してレンタカーで約100km離れた撮影現場まで5姉妹全員で行ってもらい、何とか五女はベビーモデルデビューを果たすことが出来ました。

   

撮影現場に5姉妹が現れると現場はどよめいたそうで、撮影の合間に5姉妹ショットを撮ってもらいました。

夢の5姉妹企画もあるかもしれないと期待してしまいます。

次回の宣材写真撮影の際は四女もきっちり撮影してもらって5人全員でキッズモデルの仕事を頂き、家計を助けてもらいたいと心底願っています(笑)


カテゴリー: 5姉妹

Tomo Murakami

英語できない、手に職もない村上家の主、4姉妹のパパが2016年10月末より無謀にもオランダに家族で移住し、2018年4月オランダで5人目の女の子が生まれた奮闘記録第二章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial