会いに行くオランダのリアルコンサル in 東京。

この日は名古屋、横浜、そして新宿を2件予定していたのですが、横浜終了の時点で割と時間がオーバー気味で、4組目のお客さんは千葉から新宿にいらっしゃるとのことで、移動中に時間をやり取りしていると、夜遅くなるようであれば、明日に変更しても大丈夫とのこと。

時間無制限のコンサルを謳っているのにスケベって詰め込んでしまいました。申し訳ありません(汗)

東京の夜も更け、なかなか家族連れだと行き辛かった、コテコテの天下一品のラーメンで男一人晩飯を喰らい(美味かった!)この日の寝床を求めて眠らない24時の街・新宿を徘徊し、結局シャワーもあってドリンク飲み放題のマンガ喫茶、インターネットカフェの12時間パック¥3,000で一泊することに。

手狭ですが、飲み放題に気になるマンガの続きも読めて、しかも激安!男一人旅には充分です。

進撃の巨人を読み返そうと後ろから数冊取って来たものの、その日の疲れで一瞬で寝落ちし目覚めると翌朝でした。(結局最新巻まで読めず泣)

この日は日曜日。人気もまばらな久々の新宿のオフィス街を軽く散歩するも、どんどん上昇する気温と運動不足の体とのマッチングで汗が噴き出てくるのは時間の問題だったので、早々に待ち合わせである新宿ヒルトンホテルの館内に避難しました。

この日1組目のお客様は現在東南アジアにお住まいのカップルで、夏に日本に帰省中で、タイミング良く会いに行くオランダのリアルコンサルの記事を見つけて下さったようでした。

近い将来ヨーロッパで暮らしたいという目的を持って、あらゆる角度のオランダに対する質問を頂き、僕も夢中で知る限りのオランダの情報を伝えまくり、気付くと約3時間が経過していました。

新宿ヒルトンホテルを後にし、次は新宿駅南口付近のカフェに移動し、昨日急遽予定をずらして下さった30代女性と合流します。

その前に東京チカラめしという入ったことのないファーストフードチェーンで焼肉野菜定食をかき込み、備えます。

待ち合わせのカフェでお客様と合流し、早速話し始めると、既にアメリカの大学に4年通われ、カナダでも働いた経験があり、英語はペラペラ。
日本の離島で観光協会の立ち上げを手伝ったりと若くして経験豊富な彼女は、今度はオランダに住んで何かやってみたいっ!ということで、彼女のスキルを聞いて、いろいろアイデアをぶつけ合いました。

アメリカでは大型車を乗り回していたそうで、女性ドライバーとして提携出来るかも!?と妄想を膨らませます。

彼女は移住のサポートより、ビジネスのヒントが欲しかったそうで、熱い即席ブレインストーミングと相成りました。

彼女が実際どうするのか?連絡を待ちたいと思います。

そうこうしているともう辺りはすっかり薄暗く、お盆明けで少しだけ空いていた新幹線に飛び乗り、大阪へと帰ったのですが、時間的にゆっくり晩御飯を選んでいる余裕もなく、品川駅構内のキヨスク的な所で、コンビニ弁当と東京にいった証として「東京ばな奈」をお土産に買って帰路につきました。

あっと言う間に大阪に着いたものの、この日急遽決まった、北海道にお住いのご家族とのスカイプコンサルの時間が来てしまったので、大阪駅の駅構内でスカイプを繋げることに。

昔から海外旅行が好きで、いろんな国を旅して来て、愛知のご出身にも関わらず、住んでみたかった北海道の山岳地帯に今はお住まいで、今度はいよいよ昔からの夢だった海外に住むぞ!ということでしたが、その地域にはWifi環境がなく今でもADSL回線だということに驚愕しました。

収入面や資産、貯金額など確認させて頂き、オランダに住んでみたい!という熱意を感じましたので、正式なご依頼をありがたくお受けさせて頂きました。

現在絶賛賃貸物件検索中で、早々にもオランダにやって来られるでしょう。

人にはそれぞれいろんな想いやバックボーンがあって、そんな話を聞けるのは役得だなぁと改めて感じ、関東遠征を終えたのでありました。



Tomo Murakami

英語できない、手に職もない村上家の主、4姉妹のパパが2016年10月末より無謀にもオランダに家族で移住し、2018年4月オランダで5人目の女の子が生まれた奮闘記録第二章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial