2019年より移住サポートビジネスに乗り出し早10ヶ月。

実際のサポート業務に乗り出してみたからこそ遭遇した事象やハプニングなど、その辺りの詳しいことはまた別の機会に書くとして、今回はそのお客様の内の1組である、とあるご家族のご紹介を。

そのご家族、Sさん一家は30代半ばの岡山県ご出身のご夫婦と5歳になる息子さんの3人家族。

ご主人は高専卒業後、大手企業に就職され10数年その企業にお勤めになり、2017年よりオランダへ家族と共に赴任。

いわゆる駐在家族となり、オランダで生活しながら2019年今年の夏頃、帰任の命を受けたのを機に、愛息子さんをオランダで育てたいとご夫婦で話し合い、思い切って会社を退職し、個人事業主としてオランダで無謀な!?(笑)チャレンジをスタートさせることになったという訳です。

ザックリ言うと、安定の駐在さんから不安定な自営業者へ(笑)

周りは当然「やめておけ!」「絶対うまくいきっこない!」「世の中そんなに甘くない!」など、反対意見が多数だったそうですが、ほとんどの方が実際に踏み出したことのないことをどうして予測出来るでしょうか?

このご時世、正解のない世界で、自分達の人生、自分達が決めたのなら悔いはないはずです。むしろ踏み出した勇気に賞賛を贈りたいと僕は思います。

人との繋がりの縁もあって、労働ビザから個人事業主ビザへの切り替え手続きを請け負うことになり、これは応援しない訳にはいかない!ということで、僭越ながら個人事業主のパイセン(by 矢野兵藤 矢野さん)として、自分なりにいろいろアドバイスさせて頂くことになりました。

彼等がチャレンジするのはズバリ日本のお家芸日本食!

果たしてどんな困難が待ち受けているのか!?

今後このブログで彼等の挑戦のドキュメンタリーをちょくちょくお届けして行きたいと思います。乞うご期待!



Tomo Murakami

英語できない、手に職もない村上家の主、4姉妹のパパが2016年10月末より無謀にもオランダに家族で移住し、2018年4月オランダで5人目の女の子が生まれた奮闘記録第二章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial